• firstcleaningtokai

コロナ感染から回復まで、何日くらいかかるのか?

回復にどれくらいの時間がかかるのかは、そもそもどれほど体調が悪化したかによって異なる。病気をすぐに追い払う人がいる一方、影響が長引く人もいます。

年齢、ジェンダー、健康問題がすべて、COVID-19の症状悪化のリスクを大きくなるようです。治療そのものが体を傷つけるほど、長くかかるほど、回復にはおそらく多くの時間がかかるようです。




・軽い症状しかない場合は?

COVID-19にかかった人のほとんどは、せきや発熱などの主な症状しか出ません。しかし、体の痛みや倦怠(けんたい)感、のどの痛み、頭痛を感じる人もいるようです。

せきは最初のうちは乾いた空ぜきですが、新型ウイルスによって死んだ肺の細胞を含んだ粘液が、せきに混じるようになる人もいます。

これらの症状は、ベッドでの休養と十分な水分、パラセタモールなどの鎮痛剤で治療できることがわかっています。



・より深刻な症状が出たら?

人によっては、もっと重症になることもあります。感染から7~10日でそうなることが多いようです。

容体がいきなり急変することもあり、呼吸がしにくく、肺に炎症が起きます。これは、ウイルスに反撃しようとする体の免疫系が、実際は過剰反応してしまい、体が巻き添えの被害を受けることが原因となっています。

一部の人は、酸素吸入の入院治療が必要になります。

総合診療医サラ・ジャーヴィス医師によると、復調までは2~8週間がかかり、疲労感が続くこともあるようです。



・健康への影響は長引く?

長期にわたるデータがないため、はっきりしたことはわかっていません。

急性呼吸促迫症候群(ARDS)は、免疫システムが過剰反応し、肺にダメージが及んでいる患者が発症する病気です。

総合診療医でウォリック大学医学部の講師も務めるジェームズ・ギル医師は、回復を促すには、精神衛生面での支援も必要だと話します。

「呼吸困難になると、医師に『人口呼吸器を着けなくてはならない。麻酔をかける必要もある。家族に別れを言いたいですか?』と聞かれる」

「特に重篤な患者にPTSD(心的外傷後ストレス障害)がみられるのは、驚くことではない。多くの人に深い心の傷が残るだろう」

症状が軽い患者でさえ、慢性疲労などの長期の健康問題を抱える可能性が必要となります。



・再びCOVID-19にかかる?

免疫の効果がどれほど続くのかは諸説あるが、証拠は乏しい状態です。患者が新型ウイルスに打ち勝ったなら、免疫反応を獲得したはずなのですが、2回感染した患者がいるという報告は、不正確な検査で偽陰性とされたことが原因かもしれない。

再感染があり得るのか、そしてどういうワクチンがどれほど有効なのかを理解する必要があり、また同時に再び感染しないためにも最低限の予防、消毒は必要となってくるでしょう。



・社内での感染予防対策の組織体制

社内で万が一、新型コロナウイルスが発生した場合のマニュアル、誰が指揮をとって対応していくのかなど、有事に備えての対策本部を作ることも大切です。

感染者が発生した場合を含め、随時、社内に情報の発信を行う責任者を決め、対策本部に必要な情報が集まるように、情報収集ルートを明確にしておくことも重要です。

そういった準備が、万が一営業停止になった場合、売上の損失を最小限に抑え、一早い営業開始へとつながります。

当社、コロナバスターズでは単月1万平米以上の消毒作業を行っております。

消毒作業でお困りの方は、まずご相談くださいませ。

2回の閲覧
​コロナバスターズについて
​​運営会社

​株式会社ファーストクリーニング

http://fisrt-cleaning.com/

お問い合わせ

 

coronabusters.japan@gmail.com

0120-979-368

​対応エリア

大阪,​奈良,京都,兵庫

愛知,岐阜,三重,滋賀 

以上のエリアが対応可能です。

特殊清掃会社株式会社ファーストクリーニングが行うコロナウイルス除去、消毒サービスのために設立した特別ページです。

受付時間

年中無休 9:00〜20:00

​*夜間,休日の作業可能

​お客様とお約束

秘密保持契約を結びます。

​徹底した消毒作業を行います。

​お客様が不安に思うこと1つ1つ解消致します。

Copyright (C) 2020 First Cleaning Corporation. All Rights Reserved.